Hay Hunlengも王立プノンペン芸術大学在学時にJSA学生研修を受け、卒業後、日本にて奈良文化財研究所での研修生活の後、更にJSA長期研修を受けたのちJSA認定のAssistant Expret専門家助手となりました。
現場では日々専門家の補助を行いながら学んでいます。

JSAでは大学卒業生や同等の能力を有するカンボジア人に対し、審査の上、長期研修生として1年間受け入れています。採用後は現地オフィスに常駐し、修復工事や発掘調査など、日々の共同作業を通じての実践的な研修を行います。

「考古学専門家養成」「保存修復学専門家養成」の2コースがあります。

研修終了後、本人が希望する場合には専門家助手として採用しています。