JSAでは当初から、カンボジア国民自らの手による遺跡保存修復活動が実現されることを目指して支援を行なっています。

  • 調査と修復計画の立案・実施・運営・報告ができる専門家
  • 実際の現場での修復に携わる各分野の技能工
を、日本人専門家やベテランの職人のもとで、共に修復活動を行ないながら、育成しています。また、王立プノンペン芸術大学からの継続的な研修生(考古学・保存修復学)の受け入れや、世界各国での様々な研修への参加奨励など、若手専門家の発掘や育成に力を注いでいます。
プログラム 実施期間 対象者 選抜方法 主な研修内容

短期
研修制度
「考古学」「保存修復学」 の2コース 3〜4週間、年1〜2回実施 王立プノンペン芸術大学の学生(各コース3〜5名) 筆記・実技・
面接
・ 考古学の発掘調査や建築学の実測調査など、現場作業に即した基本的な技術や知識の習得
・ 出土遺物や建物の実測や分析及び図面作成/日誌・レポート作成/課題制作/プレゼンテーション
・ 専門家による講義/周辺遺跡や他の修復工事現場の見学など
※※
長期
研修制度
「考古学専門家養成」「保存修復学専門家 養成」の2コース 1年間 大学卒業生や同等の能力を有するカンボジア人 書類選考・筆記・面接 ・現地オフィスに常駐し、修復工事や発掘調査など 日々の共同作業を通じての実践的な研修
※この学生研修プロジェクトは、第1、第2フェーズ中に、主に(財)文化財保護振興財団からの助成により実施された。第3フェーズについては現在王立プノンペン芸術大学と協議中。
※※研修期間終了後、本人が希望する場合には、専門家助手として採用。

■専門家養成

  • 専門家助手:
    長期研修制度を終了した者や同等の経験・能力を有するカンボジア人が「書類・筆記・実技・面接」によって選考され、2〜4年間、専門家の補助作業及び調査研究などを行う。
  • 専門家:
    専門家助手を経験したカンボジア人が「書類・筆記・実技・ 面接」によって選考され、 調査修復計画立案/現場指導/報告書の作成・発表を日常的に行う。

■各種技能工養成

  • 考古学発掘技能者、測量技術者、石工技術者(石材の解体・加工・  修復・仮組・再構築)、重機オペレーターなどの養成コースがある。