<<<back

■アンコール遺跡群世界遺産登録記念式典


2008年12月1日,アンコール遺跡群世界遺産登録を改めて記念するための式典がアンコールワット参道前の広場にて開催されました。アンコール遺跡が世界遺産に登録されたのは1994年のことですが、2008年にはプレア・ヴィヘア遺跡の世界遺産登録もあり、カンボジアにおける文化財のますますの整備開発の強化を国内外に改めて伝えることを目的としたものでした。 フン・セン首相をはじめ多くのカンボジア政府関係者及び国連等様々な国際機関関係者が参列し,式典は盛大に催されました。

これを記念し,アンコール・ワット寺院の参道入り口には大きな石碑が設置されました。



式典にて挨拶されたフン・セン首相


参道入り口に新設された石碑
 

<<<back