JSA第2フェーズ終了報告
〜アンコールの未来への夢の架け橋のために〜
JSA団長 中川武
早稲田大学教授

日本国政府チームによるカンボジア、アンコール遺跡群の
       修復支援活動の第1〜2フェーズ事業(10年半)の経過

カンボジアは、1970年以来の戦乱による国内の疲弊があり、和平とそこからの復興は国際社会の継続的な協力なしには不可能な状況でした。一方、アンコール遺跡は1992年にユネスコの世界遺産リストに登録され、同時に緊急な救済を必要とする危機的な遺産にも指定されました。 翌年の1993年には日本の呼びかけで30の国と国際組織が集まり「アンコール国際調整委員会」(ICC;International Coordinating Committee for the Safeguarding and Development of the Historic Site of Angkor)が開催され、アンコール遺跡救済への本格的な取り組みへ向けた「東京宣言」が発表されました。 そして1994年、日本国政府アンコール遺跡救済チーム(JSA)が結成され、延べ700名以上の各分野の専門家が関わる、産学官民一体の大規模な学際的な国際協力活動が、ユネスコ文化遺産保存日本信託基金により遂行されてきました。 日本国政府は遺跡保存協力を国際文化交流の三本柱の一つと位置づけ各国への協力を実施しており、カンボジア王国の伝統文化と国民統合の象徴であるばかりでなく、アジアの文化的至宝ともいうべきアンコール遺跡は崩壊の危機に瀕していましたが、JSAが中心となり、将来的にはカンボジア国民自らの手による遺跡保存活動が実現されることを目指して支援を行ってきました。

2003年にパリで開催された「ICC」10周年記念にあたる「アンコール遺跡救済国際会議」において、10年間にわたるJSAの活動が、今後のアンコール救済活動のための、重要な先例とみなされ、高い評価を受けました。この度、2005年4月無事本プロジェクトの第2フェーズを終了することができました[プロジェクト期間:第1フェーズ:1994年11月〜1999年4月(4年半)、第2フェーズ:1999年5月〜2005年4月(6年)]。 ご支援ご協力いただきました多くの関係者の皆様に感謝の意を表したいと思います。

 

■第2フェーズの成果

JSAは第1フェーズの主な成果としてバイヨン北経蔵の保存修復工事を完成させましたが、それらの成果を基に引き続き保存修復事業を通じた現地技術者への技術移転・人材育成にも努めてきました。 また、毎年開催されるシンポジウムや報告書、ホームページを通じて、修復活動や科学的調査の記録を公開することにより、一般の方だけではなく、専門家間の国際交流や情報提供にも貢献しました。第2フェーズの主な事業は次の通りです

1)アンコール・ワット外周壁内北経蔵部分解体再構築保存修復工事

2)アンコール・トム王宮前広場プラサート・スープラN2塔前室上部構造の解体と再構築、
 及び、N1塔全解体再構築保存修復工事

3)「バイヨン寺院全域の保存修復のためのマスタープラン」(バイヨンマスタープラン)
 及び「バイヨン憲章」の策定と刊行

4)バイヨンシンポジウムの開催と同会議録の発行

5)各種専門調査データの収集と各報告書の発行

6)人材養成
 (RUFA、学生研修、社会人長期研修、アシスタント・エキスパート、エキスパート、修復工事技能工)

7)UNESCO/JSA Project Officeの建設と運営

アンコール遺跡の既存の修理には思った以上にコンクリートが使用されています。アンコール遺跡倒壊の原因の大部分が基壇基礎の不等沈下にあります。そして特にアンコールの周辺では多くの破損したラテライト遺構があります。 これらの修復活動のためにアンコールのオリジナルな修復技術を尊重したいという私たちの理想を述べることは容易ですが、それを実現することは困難なことでした。カンボジアの若い世代が、この困難ではあるが誇り高き仕事に、近い将来自らの手で立ち上がっていくことでしょう。 そのために、カンボジアの人々と共に現場で汗を流し、アンコールで働く外国チームの人々や国際専門家達と協力できたことは、私たちにとって素晴らしい体験でした。こうした協調作業の最高の成果が10年かけてできあがった「バイヨン寺院全域の保存修復のためのマスタープラン」です。 これがアンコールの未来への夢の架け橋となることを願いつつ、すべてのアンコールの仲間たちとともに、名誉と感謝を分かち合いたいと思います。

 

■第3フェーズ事業へ向けて:遺跡の保存修復を通してカンボジアに誇りを伝えたい

かつてシハヌーク前国王が、「国際社会がクメールの過去の復興に協力してくれたことにより、カンボジアは再び未来を信じることができるようになった」とのメッセージを2003年のパリ会議に寄せられました。 我々は、10年の国際協調の成果として、JSAが中心となり策定を行った「バイヨン憲章」や我々の修復技術が、今後のアンコールでの保存活動の指針として認められたのは、長期的ビジョンのもとに進めてきた人材養成と徹底したデータの公開などを評価していただいたからであると考えています。 アンコール遺跡は危機リストから現在除外されました。しかし、遺跡の保存と地域の発展および人材の養成を調和させ、持続可能なものとしていくことは、いま少し国際協力が必要な課題としてカンボジアに残されています。 来る第3フェーズの事業へ向けて、あらためてクメール民族の価値観や思想を伝統として尊重し、それを修復保存することが人類の価値を継承することになる意味を問い直し、カンボジアの人々と共に誇りをもって、活動を継続していきたいと考えています。


<<<back